コロナウイルスに負けない「ボディケア」

Yoga Diva Hiromiのコロナウイルスに負けないボディケア

You Tube→

◯免疫力は年齢と共に下がり、ストレスや生活習慣病が免疫力を下げます!!

 体内の免疫は15歳頃までに完成した後、20歳を超えると加齢とともに筋力同様、
免疫力は落ちていきます。

免疫力の下げるのは加齢だけでなく、ストレスや生活習慣が原因で免疫力が低下します。
免疫力が低下すると、疲れやすくなったりウイルスや感染症にかかりやすくなり、アレルギー症状なども出やすくなります。

免疫とは、人の口や鼻などを通して外部から侵入する細菌やウイルスを排除したり、体内で発生するガン細胞などの病原体を死滅させたりする自己防御システムのことをいいます。発熱や下痢なども、免疫が正常に働いているためにおこるのだそうです。

◯生活習慣で免疫力を上げるのはこの3つのクオリティーを上げるのが要です。

「十分な栄養、適度な運動、質の良い寝」

多くの生徒様から、ヨガを始めてから「風邪を引かなくなった」、「安眠ができて病気をしなくなった」、「美味しく食事ができる様になった。」とお聞きします。

 一般的に、免疫力を上げるために、食事療法、栄養ドリンク、ビタミン剤を飲むとか
よく聞きますが、それだけでは免疫力は十分とは言えません

一番肝心と言えるのは、呼吸と共にする適度な運動です。
それには、FitDivaのヨガです。

特に冬場は室内外の寒暖差や空気の乾燥で喉や鼻の粘膜が乾き、ウイルスや細菌
と戦うための免疫力を高めることが大切です。

先ずは、十分な栄養や休養に加えて、この冬は適度な運動を習慣づけましょう。
誰もがコロナウイルスや、風邪、インフルエンザや花粉症など、避けたいはず。
高齢者は特に、感染後に肺炎を発症するなど重症化しがちなので注意が必要です。
運動と栄養、休養のバランスが免疫力の維持には欠かせない。

◯ハード過ぎる運動は免疫力を下げる!!

ただ、運動といってもハードすぎる運動は逆効果になります。フルマラソンに出場した選手の5~7割は、2週間以内に風邪の症状が出るという報告や、運動選手がヘルペスなどの感染症にかかりやすいといった報告があります。

◯呼吸筋の働きを良くする!!

FitDivaの呼吸は代謝が良くなり、自立神経のバランスを整え、身体全体の働きも良くなり
質の良い寝(安眠)が約束されます。

❎口呼吸はウイルスをストレートに体内に入れやすい!!

🧡免疫力を高める鼻呼吸法!!

口を閉じて、鼻で呼吸は、空気が鼻の中を通って肺へと運ばれます。
鼻の中では鼻毛やさらに細かい線毛、粘液などがフィルターの役割を果たし、ウイルスや花粉を始めとする異物の多くは、まずここのバリアによって予防されます。
さらに鼻の中を通ることで、空気は温められ湿度を含むようになります。

*アメリカの医療関連のコロナうウィルスのニュースでは、
コロナウイルスは湿気40%と40度の温度がウイルスを除去しやすいと伝えています。

 感染症の原因となるウイルスは乾燥状態を好むため、湿度の高い温かい空気は活発な
活動が抑えられます。

また喉の奥には、免疫機能を司どる扁桃リンパ組織という抗菌機能があり、ここでも体内に異物が入ることを防ぎます。
鼻呼吸は複数のフィルターとウイルスなどの予防機能を持つ呼吸方法であると言えるでしょう

 

❎口呼吸はウイルスをストレートに体内に入れやすい!!

呼吸は、鼻呼吸の持つバリア機能が劣り、ウイルスなどが簡単に体内に入ってしまいます。。
呼吸によって口から取り込まれた空気は、鼻呼吸と同様に喉の奥にある扁桃リンパ組織が予防しますが、
鼻で排除できる異物がそのまま直接喉に入ってきてしまいます。
感染症は病原菌との接触、空気感染、免疫力の低下など条件がそろったところで発症すると言われています。
口呼吸はそのリスクを高めやすくなると考えましょう。
ヨガの呼吸法で免疫力を高めましょう。