うきは、押戸石スピリチュアルヨガリトリート

Masu’s Ukiha,Oshitoishi Yoga ReTreat

九州ヨガリトリート(一泊二日)

 

うきは市フォーレストヨガ&南小国町押戸石スピリチュアルヨガ

パワー溢れる自然の中でヨガをして自然と溶け込み、心と身体を開放してストレスを無くす
、自身を見つめるツアーです。

ヨガリトリートとは

日々の競争社会に疲れたとき、美しい自然の中に身を置き母なるものの懐に還って心身を癒します。
ストレス社会のいま、母なる存在、自然がもつ癒し効果や知的なエンパワーメント効果を最大限に引き出すための2日間です。
*欧米では、健康保険などの対象にもなっている、自然と人と調和をはかり、自律神経を整え心と身体を健康にするプログラムです。

グループツアー詳細

うきは市森林セラピーロード、フォーレストヨガ、南小国町押戸石ヨガレッスン
オーガニック、マクロビックランチ


「1日目」

うきは市フォーレストヨガ、
寺ヨガ(座禅)(清水寺)
オーガニック、マクロビックランチ

Ukiah Forest Yoga Therapy

FitDIva Masuアウトドアヨガ

FitDIva Masuアウトドアヨガ

うきは市の日本百選の棚田、石で囲まれた一つ一つの棚田は300以上あり季節を問わず美しい草花を見ることができます。
その頂点にある森林内のアウトドアヨガスタジオで、風の音、鳥の鳴き声、小川を流れていく水の音を聞きながらヨガをします。


「2日目」
南小国町 押戸石スピリチュアルヨガレッスン

Oshito

南阿蘇スピリチュアルヨガセッション


ネイティブアメリカンの聖地、セドナと似ている!

米国アリゾナ州のセドナは世界からココロとカラダに癒しを求め、世界から人が訪れるスピリチャルパワースポットです。押戸石はセドナに良く似ていて特別な磁力があり磁石の針が二転三転する場所です。地球上には限られた場所でそのような異変が起きます。そこは現実の世界と宇宙を結びつける、地球上の点のような役目をしているところだと言われています。まるで身体にお灸をする灸点のようで、ココロとカラダに影響を与えます。
押戸石は、日本でも屈指のパワースポットであり、癒しの地なのです。

ネイティブアメリカンの聖地 セドナ

アメリカアリゾナ州 セドナ


うきは、押戸石リトリート料金(2日間)

「料金に含まれるもの」

◯スピリチュアルヨガレッスン2回(うきは森林ヨガスタジオ、押戸石スピリチュアルスポット)
◯森林セラピー(ウォーキング)
◯お寺(座禅、瞑想)
◯マクロビ(むすびレストラン)ランチ、かえる宿泊2回(朝」、夕)

*限定25名様(申し込み順)、出発地 福岡市、北九州


MASUのアウトドアヨガは、レッドロックカントリー米国アリゾナ州セドナから

アウトドアヨガ講師 Masu Banno プロフィール

 名古屋出身、旅好きでハワイ、カルフォルニア、メキシコに移住、大手旅行社のマネジャー、支店長を歴任、現在、FITDIVAマネージャー、米国アリゾナ州セドナでスピリチュアルヨガを修得。FitDiva公認講師(ボランティアメンバー)NHKカルチャー講師、アメリカヨガフィットライセンス、うきは市フォーレストヨガセラピーアドバイザー講師、宗像市男女共同参画ヨガ講師

アメリカセドナ

Masu Banno(左)アリゾナ州セドナの祈祷師 フェラリオ(右)

ネイティブアメリカンの聖地 セドナ

アメリカ アリゾナ州セドナ


Feeling of Masu

 最近、爽やかなとか、心地よいとかこんな言葉が日本では少なくなったような気がします。長い間、海外生活をしてきましたが、
何も産業がない仕事がないような国でも人生を楽しんで方達を多く見てきました。そのような国は必ず自然と共に人々が生きています。
今日本では、スマホーや、携帯電話をいじる時間に翻弄される方が多く。母なる大地から見る貴方は
とても滑稽で、まるで中身のない存在のない人間に映るでしょう。
アウトドアヨガは自然とつながり、心と身体を解放する時間を与えてくれます。


<大自然に包まれ至福の時間を貴方に>

パワーが溢れる美しい自然。静かな環境の中、呼吸法・アーサナ(体操)・瞑想などをして固まったココロとカラダをほぐし、ご自身の持つ身近なストレスを無くましょう。
欧米で盛んに行われているアウトドアヨガ、時には普段の生活から離れ、自然の生活リズムを取り戻してみましょう。


<アウトドアーヨガ(外ヨガ)のメリット>

古代のインドのヨガのコンセプトは、心と身体のバランスを整えると様々な疾患の治癒よりも効果的であることが証明されている。
その中の多くが、野外でのヨガが盛んに行われてきた事実があります。
古代から伝わるインドのヨガ行者達は、早朝の清々しい自然の中、海辺のヨガ、パワー溢れる場所で洗練され、更にヨガを深めてきました。外ヨガは、人が自然と同化する素晴らしさを伝えるものです。


・天井の無い世界!

一般的な屋内のヨガと比べ、天井の無い開放感や広々とした仕切りのない世界を知ることができます。
1つ1つのポーズを限られたスペースの屋内でヨガをするより、屋外で深い呼吸でノビノビとヨガをすることにより、
知らないうちに自身の求めるものを発見することができます。
・自然を味方に外ヨガをする。
外でヨガをする場合、自ずと自然に触れることができます。普段屋内でしているヨガのポーズも屋外ですることで、心も身体も
新しエナジーを得た様な不思議な感覚になります。
自然の音、鳥の鳴き声、川の流れる音、風に揺れ木々が奏でる自然音、樹木の囲まれて、海風を受けるすがしい空気など、感情を高め、より一層ヨガを深めて行くことになります。

・太陽の恵み自然のビタミンD

外ヨガで、太陽の光線を受けることにより、身体に自然のビタミンD与え、筋肉を増やしたり骨組織を強くします。それだではなく、エンドルフィンラッシュ(脳内、鎮痛系、多幸感をもたらし脳内麻薬と呼ばれることもある。)を得ることもできます。

・自然の温感で汗をかく

外ヨガでは太陽からの自然の熱にさらされてだけではなく、自然の温度により優しい身体への発汗をかきヨガをしていると汗をか、カロリーを燃焼させる効果があり、体内に溜まった余分な有害な物質を取り除き、毒素を無くす役目をします。

・感覚の芽生え

自然環境の中では、多くの色彩や香りを感じることができます。(空のブルー、樹木のグリーン、木々から漂う場所では新し感覚の芽生えが起きます、ヨガポーズと深い呼吸はストレスを和らげピースフルな気持ちを得ることができます。一般的な屋内のヨガクラスでも自然環境を意識した試みは多くされています。静かな環境、居心地のよい場所、芳香などはクラスを特別なものにします。屋外のクラスはその様な手だては必要なく自然のエナジーが集まるような、異次元感覚を呼び起こすことができるのです。


「デジタルデトックス」とは?

ネットで心と身体のバランスを崩している方に...
デトックスとは毒素を体から排出する健康法。転じてスマートフォンを持たずに出かけたり、パソコンを使わない時間を決めたりして“脱デジタル”の時間を持つということ。シマンテックの2012年の調査によれば、日本人のインターネット利用者は1週間に平均49時間をネットに費やす。1日7時間、スマホやパソコンを見ている計算。特にスマホの普及で交流サイト(SNS)、Twitter等、デジタル空間で他人とつながる機会は一段と増えた。便利である一方、つながりを確認することが強迫観念になってしまう場合もある。心理的に「一人きり」「二人きり」になれないといった弊害だ。
デトックスとは毒素を体から排出する健康法。携帯電話、スマートフォンを持たずに出かけ、パソコンを使わない“脱デジタル”の時間を持つこと。
脱ネット依存!「デジタルデトックス」で自分の時間を見つめ直そう!
ITの進化でいつでも誰とでもつながれるようになった今、「無線LANに接続不能な場所だとイライラする」「Twitterの書き込みを確認しないと不安」という気分に苛まれる人も少なくない。そこで一定の時間、あえてデジタル環境から距離をおく「デジタルデトックス」に注目が集まっている。
スマホ等の急速な普及により、とにかくネットとつながっていないと不安を感じる「ネット依存症」の人が増えてきているようです。下記は「ネット依存度」チェック項目であなたの依存度を判定してみましょう。

*こんな症状があったらネット依存症?*

食事中にスマホ(ネット)をみていることが多い
電波が届かない(届きにくい)ところには行きたくない
家族や目の前の人と会話せず、スマホのチェックに没頭する
着信していないのにも関わらず、着信音が聞こえたような気がする
Facebook等に書き込むネタを作る為に行動することがある
もしSNSがなかったら人間関係がなくなると感じることがある
会議や宴会中もFacebookやTwitterが気になり、スマホをチェックしてしまう
時間の浪費になるのでやめようと思うが、やめられない

上記のうち5つ以上当てはまれば要注意。さらに加われば専門的な対処が必要と言われています。また、パソコンの場合は部屋から出なくなる等自覚しやすいが、移動中も利用できるスマホではネット依存なのか、判断がつきにくいと指摘する方も、ネット依存気味だな、と自分で気づけば深刻化する前にデトックスに取り組めます。
まずは週末、何時間かだけでもパソコンやスマホから離れてみることです。そしてその時間を、自分を見つめ直す時間として、普段できない新しいことに挑戦してみましょう。?
*本当にどれくらい危険なの?というお話
スマホ、携帯電話、PCなど知らず知らずのうちに長時間使いすぎて、デジタル依存症になっていませんか。
普段の生活の中で数分ごとに電子メールやソーシャルメディアをチェックするなど、
長時間パソコンを使うことで、ストレスなどの心的要因の原因となります。背中、首(ストレートネック)と頭痛、睡眠問題、体重増加、または体重減少。十分な運動をしなくなり長期の健康問題(例えば心臓病、糖尿病と肥満)につながります。」あなたが普段の生活の中で数分ごとに電子メールやソーシャルメディアをチェックすると、オーストラリア、スウィンバーン大学の生命と社会科学部の博士、ベン·ウィリアムスの心理学の講師が警告します。

丸1日、PCとスマートフォンから離れられますか?
知らず知らずに、「デジタル中毒」になっていませんか?

「オフラインの休暇」を取ろう!

以前から「SNS疲れ」に関する記事はよく見かけましたが、そこから一歩進んで、ネットに接続した状況からの脱却をより積極的に行う動きが起きているようです。
ネットから離れ、大自然のなかで目の前のことに集中する時間を過ごしているうちに以前の自分を取り戻していく。
シマンテックの2012年の調査によれば、日本人のインターネット利用者は1週間に平均49時間をネットに費やす。1日7時間、スマホやパソコンを見ている計算。特にスマホの普及で交流サイト(SNS)、Twitter等、デジタル空間で他人とつながる機会は一段と増えた。便利である一方、つながりを確認することが強迫観念になってしまう場合もある。心理的に「一人きり」「二人きり」になれないといった弊害。
また、コンピュターを酷使してする仕事は、眼精疲労、肩こり、腰痛、ひざ痛、頭痛、不眠、うつ症状などを’引き起こす
と言われてます。

デジタルデトックス⇨

CONTACT US

お問い合わせ有難うございました。内容を確認の上2、3日中にお返事致します。 どうも有難うございました。

Sending

©2017 fitdiva.us since 2005

Log in with your credentials

Forgot your details?