Home / スクワットマスター資格

スクワットマスター資格

FitDiva マネジャー Masu Banno

大病をしてヨガに出会い、
ビバリーヒルズやハリウッドの
ヨガスタジオに通い詰め、ヨガ講師資格を取得
ヨガ講師歴15年。

日本の健康寿命の現状!!男性は9年、女性は12年亡くなる前に寝込みます!!
*日本の平均寿命は男性80.21歳、女性86歳ですが、
元気に動ける健康寿命と言いますと
■男性71.19歳(寝たきり年齢9.02歳)
■女性74.21歳(寝たきり年齢12.4歳)
(厚生労働省2014年健康日本21推進専門委員会審議資料)

正しいスクワットをマスターして、
寝たきりピープルを無くそう!!

Masu Squat Master

「Masuのスクワットマスターは、呼吸に合わせた全身運動」
呼吸と共にカラダ全体の伸縮を促し、整え、鍛え、伸ばしていくストレッチ的な動き、
バランス良く鍛える為の動きは「細くてしなやかな強い筋肉」を作ります。
特に、大きな関節を共に動かし脂肪を燃やし、常に姿勢を気にして身体を痛めないようにしていきます。

プログラムは、簡単な動作で誰でも出来て、信じられないほど身体に対する
効果が早い!
安全で何方でも出来る、個々に合わせたレッスンが可能なスクワットプログラム。

NHKのテレビ出演で生まれた「スクワットマスター」!

 ある日、10分間の生放送でヨガを指導できないかと
ご依頼があり、15年前から私共でするスクワットヨガプログラムを
精査したのがこのスクワットマスターです。
茶の間でテレビを見て何かカラダの為にしなければと思う方から、運動経験の無い方、
アスリートまでカバーできる内容です。
*但し、正しいスクワットを学ばなければそれはNG!

スクワットは何に効く!

スクワットは!
ダイエット、アンチエージング、足腰の強化、骨粗鬆症の予防、
免疫力向上、認知症予防、尿漏れ防止、便秘改善、自律神経の
バランスを整えるが効果があると言われています。
「死ぬまで歩くには、スクワットだけをすればいい」の著者
順天堂大学教授 小林弘幸書より

Masu Yoga Squatの仕方と注意点

▪️ウオームアップ
ヒザ、股関節をゆるめながら温める。

ヨガの開脚のポーズで股関節をゆるめる。
先ずは、膝を25度に曲げて屈伸を繰り返し、ウオームアップ!重力に逆らってカラダの
重みを引き上げてヒザ、腰に負担が掛けないように行う。(全てのスクワットに適用)
できる限り、膝や腰、身体全体を伸ばしながら行う。

▪️腿、股関節、お尻を意識

腿から、重心を移動する様に、お尻に意識を持っていき、
椅子に座る様にお尻を下げる。
尾骨を両足の間に下ろしてソリ腰にならない様にする。

▪️股間節から曲げる

股関節から必ず曲げる。腿に意識を向ける。
下半身に負担が掛かりすぎないように行う。

▪️呼吸と共に身体を動かす練習

鼻から息を吸い、口で吐く。慣れてきたらお腹(丹田)から息を吐く様に心がける。
最初は1、2と数を数えながら1呼吸、1ムーブメント(動作)でスタート。
徐々に数を増やしていき自分のぺースにする。

▪️ベーシックポーズ
(基本のポーズ)

カラダに故障有り・運動経験が無い方はこれ。
腰幅に足を開きつま先と膝は同じ方向で、股関節から曲げる。

▪️ワイドオープン・スタンスポーズ
(開脚型のポーズ)

足を肩幅以上から倍近くまで開き。つま先は45度の角度で開き、カカトは一直線上に置く。
上半身は軽く前かがみにするか、垂直に上げる。
股関節に負担が掛かりやすいので気をつけて。

▪️燃焼型ヨガスクワット
カパラバティ呼吸法(火の呼吸)とのコラボ

膝は肩幅程度で、20秒吐いて、吐いてを続け、10秒休む燃焼型のスクワット。
高速!長時間トレーニングするのと同じ効果を短時間で得ることができます

*Squat Masterの認定資格の講習会は、今秋、福岡市、北九州市で予定しています、